IDOLISSUES

グラビア復権の時代に、 アイドルを語れ、語りつくせ

乃木坂46ドキュメンタリー映画「悲しみの忘れ方」~希望と美しさ~

 「文章と言う不完全な容器に盛ることができるのは不完全な記憶や不完全な想いでしかないのだ」-そういったのは村上春樹だった。文章を書いていて思うのは感情を表すことは難しいということ。言葉が追い付かないということだ。私はこの文章に乃木坂に対する、不完全な感情を盛ることになる。乃木坂46は素晴らしすぎて言葉が追い付かないところまできている。

 

 本作は2015年末に公開された、乃木坂46のドキュメンタリー映画「悲しみの忘れ方」を見た感想である。アイドルに興味ない人ほど是非見てほしい。

乃木坂という場所さえ知らなかった彼女たちが成長していく物語。

いかに過酷で厳しい環境にあるか、それでも輝いているのはなぜなのか、そういうことを考える。

 

過酷とたった2文字で現せる以上の過酷さだ。

一挙手一投足はファンに見られ、ネットでは噂が駆け巡り、選抜発表の度に緊張が走る。過呼吸になり壇上で倒れるメンバーもいる。

 

なんだ、お涙頂戴の映画か。

また秋元康のお得意のマーケティング戦略にはまったか。そうでは無い。

これは普通だった、少し普通から外れた女の子たちがトップアイドルになるまでの奇跡だ。

 

 乃木坂46のオーディションから結成、2015年の4周年記念ライブに至るまでが2時間に凝縮されている。2時間では37人全員に迫れないがそれでも乃木坂46はわかるようになっている。ちなみに「乃木坂」の由来は所属レーベルSony Music Recordsの所在地が乃木坂だからである。

 

 5人の主力メンバーの過去から今に至る自分語りと、彼女らの母親のコメントがナレーションで入る。見事なまでの映像美に彩られている。

 

 アイドルというと天性の才能でアイドルになる前から輝かしい人生を送っていた、と思われがちだがそんなことはない。

いじめ、引き籠りという暗い過去を背負っている。「昔の自分が嫌いだった」という独白が何度も入る。加入前の男性交際が明るみに出たメンバーは「過去と決別できると思っていたのに、その過去がまた出てきた」と回想している。

 

 特筆すべきは生田絵梨花のエピソードである。「ドイツ生まれの天才少女」とコピーが付くようにドイツで生まれプロ並みのピアノの腕前を持つ。彼女に他のメンバーほど暗い過去は無いが、音大と乃木坂46の両立という課題がある。

 

 桜が舞い散る中で生田さんが立っているシーン。

これがアイドルだ。これこそがアイドルだ。

 

桜は1週間で散る。生田さんがアイドルとしていられるのもあと数年かもしれない。儚さと美しさが混在することが伝わる。

 

ちなみにソメイヨシノ花言葉は優れた美人、である。

欅坂46「世界には愛しかない」 この夏、世界には愛しかない

欅坂46の2ndシングルが遂に解禁された。

デビュー曲「サイレントマジョリティー」で世界を変えてしまった欅坂46

高すぎる壁を超えてくれた。

 

「世界には愛しかない」-爽やかなカッティングギターと静謐なピアノで構成されイノセントな夏の空気を感じさせるサウンド。

 

そしてなんといってもポエトリーリーディングだ。

 

欅坂46の新曲はポエトリーリーディングが使われる-そう聞いたとき不安になった。

ポエトリーリーディングと言うと日本語ロックの大家、佐野元春が思い浮かぶ。

ロックの破壊衝動に知性を感じさせる佐野の語り。

 

欅坂はそれができるのか。

一体、欅坂46に何が起きているか。秋元康は何を考えているのか。

 

不安は杞憂だった。

 

 

大人への反抗、レジスタンスを爽やかに高らかに歌い上げる名曲が完成した。

欅坂46のテロリストのような破壊衝動だけでない、「愛で世界を変えるレジスタンス」が詰まっている。

 

欅坂46の行末に不安はない。

 

きっとこの夏、世界には愛しかない。

 

 

 

 

 

欅坂46「世界には愛しかない」 歌詞

歩道橋を駆け上がると夏の青い空がそこにあった

 

絶対届かないってわかってるはずなのに 僕は爪先で立って思い切り手を伸ばした

 

ただじっと眺め続けるなんて出来やしない

 

この胸にあふれる君への想いがもどかしい

 

真っ白な入道雲がもくもくと近づいてどこかでセミたちが一斉に鳴いた

 

太陽が一瞬ひるんだ気がした

 

複雑に見えるこの世界は単純な感情で動いている

 

最初に秘密をもったのはいつだろう 大人はみんな嘘が多すぎて忘れてる

 

通り抜ける風は僕に語りかける もう少ししたら夕立が降る

 

世界には愛しかない 信じるのはそれだけだ

 

今すぐ僕は君を探しに行こう

 

誰に反対されても 僕には変えられない

 

それが僕のアイデンティティ

 

空はまだ明るいのに突然雨が降ってきた

 

僕はずぶ濡れなりながら街を走った

 

夕立も予測できない未来も嫌いじゃない

 

最後に大人に逆らったののはいつだろう 諦めること強要されたあの日だったか

 

アスファルトの上で雨が口応えしてる 傘が無くたって走りたい日もある

 

時代には愛しかない 空はやがて晴れるんだ

 

悲しみなんてその時の空模様

 

涙には色があった僕らはずっとやさしくなる

 

それが僕のリアリティ

 

君に会った瞬間 何か取り戻したように僕らの上空に虹がかかった

 

世界には愛しかない 信じるのはそれだけだ

 

今すぐ僕は君を探しに行こう

 

誰に反対されても風向きは変えられない

 

それが僕のアイデンティティ

 

全力で走ったせいで息がまだ弾んでた 自分の気持ちに正直になるって清々しい

 

僕は信じてる 世界には愛しかないんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

欅坂46「サイレントマジョリティー」-すべてのアイドルファンよ、武器を取れ、理想を語れ、蜂起せよ-

欅坂46サイレントマジョリティー」が誕生した。

静謐なピアノソロから始まるその曲は、「名曲」とか「神曲」とかそんな言葉を通り越してしまう。

2016年に輝くアイドル界のアンセムだ。

すべてのアイドルファンに夢を与えるアンセムだ。

 

いま、時代は混迷を極めている。

混迷という言葉が当てはまらないほどの時代だ。

世界ではテロ、極右主義の台頭、未曾有の混乱の時代が来ている。

そこに騎士団としての欅坂46が救済に現れたのだ。

 

我々、アイドルファンにできることは、なにか。

 

 

理想を語ることだ。

 

 

「君は君らしく生きていく自由があるんだ」

「大人たちに支配されるな」

「one of themに成り下がるな」

どこかで聞いたような言葉だって?

そんな戯言は聞かなくていい。

我々、アイドルファンはこの歌を語り継いでいけばいい。

 

乃木坂46のテーマは「希望」であるが、欅坂46は「レジスタンス」だ。

乃木坂46でも救えないほどの荒涼として景色がそこまできている。

 

欅坂46の「サイレントマジョリティー」をアンセムに我々は立ち向かっていくのだ。

 

もう一度言おう。

 

 

すべてのアイドルファンよ、武器を取れ、理想を語れ、蜂起せよ

 

 

戦いは、まだ始まったばかりだ。