IDOLISSUES

グラビア復権の時代に、 アイドルを語れ、語りつくせ

アイドルって物語だ-乃木坂46の美しい物語-

アイドルって物語だ。

売れるアイドルには物語がある。

そして乃木坂46の物語は美しい。

 

いきなりなんだ、と思うかもしれません。

しかし私は確信しています。

 

アイドルには物語が必要だ。

アイドルが売れるには物語の法則-「共有」「蓄積「放出」が必要だ。

 

 

物語って?

 物語、というのはアイドルを構成する要素、これまでの人生です。

エピソードとも言い換えられます。

サラリーマンでも学生でも生きてきた人生があるように、アイドルもアイドルになるまでの人生、売れるまでの人生があります。

 

アイドルが売れるには

物語の法則

「共有」「蓄積」「放出」

が必要です。

 

私は10年、アイドルヲタクをやってきました。

売れずに散っていったアイドル、売れて日本を代表する存在になったアイドルを合計で1,000人くらい見てきました。

その違いを考えてきました。

 

それは物語があるかないか、でした。

 

「共有」「蓄積」「放出」って?

 

「共有」

作り出す、と言ってもいいです。
物語は元からあるものでも作り出したものでも構いません。

路上ライブで3人しか観客がいなかったとか、チケット手売りしたとか、ライブ中倒れたとか。

ファンと共有できる層の厚い物語がいいです。


「蓄積」

層の厚い物語をどれだけ蓄積できるか。

上記の観客が少ない、というのは音楽活動する人なら誰でも経験することです。

それ以上の濃い物語が必要です。


「放出」

物語をファン以外にも語る。

ソーシャルメディアがこれだけある時代なので気付いてもらうのは至難の業です。

AKB48が徹底したパッケージ化で成功した様に、パッケージ化して固めて放出する。

 

乃木坂46白石麻衣の物語

AKB48公式ライバル、乃木坂46

AKB48の5年の成功を5ヶ月で超える」を目標に2012年にデビュー。

AKB48を超える、という形ではなく、違う物語を作り出すことで大ブレイクしています。

 

私は乃木坂46がこれほどブレイクしたのも物語の法則がしっかりできていたこと。

そして、法則+aがあるからだと思ってます。

 

フロントメンバー、白石麻衣にもこの物語の法則が当てはまります。

白石麻衣乃木坂46だけでなくファッション誌「Ray」のモデルも務めています

 男性からも女性からも憧れの存在。

 

しかし白石麻衣は、乃木坂46の5年間を凝縮したドキュメンタリー映画「悲しみの忘れ方」でいじめ体験を告白しています。(この映画で乃木坂ファンになりました。号泣)

学生時代、引き籠っていた時期があった。

 

ファンと過去という物語を共有し、ライブで力を付けていくことで物語を蓄積し、映画というパッケージで物語を放出する。

 

+aって?

乃木坂46のように暗い過去を抱えていたアイドルは山ほどいます。

ファンと物語を共有し、路上から武道館まで上り詰めたアイドルもいます。

しかし、見ていて感じること。

 

悲惨、美しくない。

 

ひたむきに頑張るのはいいんだけど、可愛くない、美しくない。

そこらへんの女の子と変わりない。

 

乃木坂46AKB48公式ライバルという大きすぎる看板を背負い、地元を捨てズタボロになりながら5年を駆け抜けた。

満身創痍でもファンの願いを叶える。

しかしここぞという場面で日本アイドル史上最高の美しさを見せつける。

 

物語を作り出し、それでも美しくある。

だから、乃木坂46はここまでブレイクした、そう考えます。

 

 

 

 

もうグラドルのグラビアなんて要らないかもしれない~泉里香グラビアが表紙の意味~

今日、ここから新しいグラビア史が始まる。

 

f:id:idolissues01:20161128205203j:plain 2016年11月24日発売号ヤングジャンプ

 

 

もうこれは叫んだ、最高過ぎて。

 

泉里香がグラビアでヤングジャンプ表紙。

もう何人もモデルでグラビア挑戦した人はいるし、表紙になった人はいた。

それらを圧倒的に上回るレベルなのだ。

バスト、ウエスト、ヒップ、そしてビジュアル、どれを取っても最高レベル。

1枚の写真で空気を変える力がある。

「2016年 最大の発見!!!」とあるが過去10年で最大の発見。

 

しかしこのグラビアが意味すること。

それは、この10年続いた「モデル×グラビア」ブームに遂に結論が出たことだ。

グラドルとモデルのグラビアどっちがいいか?という問いに遂に結論が出たのだ。

 

結論。

モデルが勝った。

 

2006年に安藤沙耶香白鳥百合子らの「グラデル」

2007年に杉本有美の「デュアルアイドル」

そして2016年に馬場ふみか久松郁実の「モグラ」

徐々にグラビアはモデルに奪われていった。

これから先、グラドル専業だともう食えないだろう。

 

なぜモデルがグラビアを制覇したのか。

すべてを持っているからだ。

スタイルも良く胸の大きいモデルにグラドルは勝てっこない。

 

グラドルには2つの観点が必要だ。

1 商業的にフックするビジュアル

2 間を捉える、空気を変える力

この2つをモデルは完璧に持っている。

 

泉里香ヤングジャンプにおけるグラビアは記念碑的意味があった、ということだ。

 

 

 

 

 

 

「高山一実さん、あなたに出会えてよかった」が響くのは西野七瀬の育ちの良さにあるから

西野七瀬の良さ、それは育ちの良さ。

 

乃木坂46の2015年ツアーオープニングで流された映像。メンバーからメンバーへの感謝の言葉だったり、メンバーの父親から確執を溶かすようなコメントが流される映像です。

この「西野七瀬高山一実バージョン」が最高にエモい。

www.youtube.com

これ、記事執筆にあたってもう一度見たんですが、泣きました。最初見た時も泣いたけど。

 

なんでこの映像がこんなにもエモいのか。

それは西野七瀬の育ちの良さが表れているから。

西野七瀬は切なげな表情とか、釣りテクニックとかの部分がクローズアップされますね。

だけど私が思うのは育ちの良さ。

これは乃木坂全体に言えることです。

蹴落とし合い、競争を全面に出すAKBGと違い、お上品さ、気品の高さを売りにする乃木坂。

見事にベストマッチした作品でしょう。

 

乃木坂46ドキュメンタリー映画「悲しみの忘れ方」~希望と美しさ~

 「文章と言う不完全な容器に盛ることができるのは不完全な記憶や不完全な想いでしかないのだ」-そういったのは村上春樹だった。文章を書いていて思うのは感情を表すことは難しいということ。言葉が追い付かないということだ。私はこの文章に乃木坂に対する、不完全な感情を盛ることになる。乃木坂46は素晴らしすぎて言葉が追い付かないところまできている。

 

 本作は2015年末に公開された、乃木坂46のドキュメンタリー映画「悲しみの忘れ方」を見た感想である。アイドルに興味ない人ほど是非見てほしい。

乃木坂という場所さえ知らなかった彼女たちが成長していく物語。

いかに過酷で厳しい環境にあるか、それでも輝いているのはなぜなのか、そういうことを考える。

 

過酷とたった2文字で現せる以上の過酷さだ。

一挙手一投足はファンに見られ、ネットでは噂が駆け巡り、選抜発表の度に緊張が走る。過呼吸になり壇上で倒れるメンバーもいる。

 

なんだ、お涙頂戴の映画か。

また秋元康のお得意のマーケティング戦略にはまったか。そうでは無い。

これは普通だった、少し普通から外れた女の子たちがトップアイドルになるまでの奇跡だ。

 

 乃木坂46のオーディションから結成、2015年の4周年記念ライブに至るまでが2時間に凝縮されている。2時間では37人全員に迫れないがそれでも乃木坂46はわかるようになっている。ちなみに「乃木坂」の由来は所属レーベルSony Music Recordsの所在地が乃木坂だからである。

 

 5人の主力メンバーの過去から今に至る自分語りと、彼女らの母親のコメントがナレーションで入る。見事なまでの映像美に彩られている。

 

 アイドルというと天性の才能でアイドルになる前から輝かしい人生を送っていた、と思われがちだがそんなことはない。

いじめ、引き籠りという暗い過去を背負っている。「昔の自分が嫌いだった」という独白が何度も入る。加入前の男性交際が明るみに出たメンバーは「過去と決別できると思っていたのに、その過去がまた出てきた」と回想している。

 

 特筆すべきは生田絵梨花のエピソードである。「ドイツ生まれの天才少女」とコピーが付くようにドイツで生まれプロ並みのピアノの腕前を持つ。彼女に他のメンバーほど暗い過去は無いが、音大と乃木坂46の両立という課題がある。

 

 桜が舞い散る中で生田さんが立っているシーン。

これがアイドルだ。これこそがアイドルだ。

 

桜は1週間で散る。生田さんがアイドルとしていられるのもあと数年かもしれない。儚さと美しさが混在することが伝わる。

 

ちなみにソメイヨシノ花言葉は優れた美人、である。

欅坂46「世界には愛しかない」 この夏、世界には愛しかない

欅坂46の2ndシングルが遂に解禁された。

デビュー曲「サイレントマジョリティー」で世界を変えてしまった欅坂46

高すぎる壁を超えてくれた。

 

「世界には愛しかない」-爽やかなカッティングギターと静謐なピアノで構成されイノセントな夏の空気を感じさせるサウンド。

 

そしてなんといってもポエトリーリーディングだ。

 

欅坂46の新曲はポエトリーリーディングが使われる-そう聞いたとき不安になった。

ポエトリーリーディングと言うと日本語ロックの大家、佐野元春が思い浮かぶ。

ロックの破壊衝動に知性を感じさせる佐野の語り。

 

欅坂はそれができるのか。

一体、欅坂46に何が起きているか。秋元康は何を考えているのか。

 

不安は杞憂だった。

 

 

大人への反抗、レジスタンスを爽やかに高らかに歌い上げる名曲が完成した。

欅坂46のテロリストのような破壊衝動だけでない、「愛で世界を変えるレジスタンス」が詰まっている。

 

欅坂46の行末に不安はない。

 

きっとこの夏、世界には愛しかない。

 

 

 

 

 

欅坂46「世界には愛しかない」 歌詞

歩道橋を駆け上がると夏の青い空がそこにあった

 

絶対届かないってわかってるはずなのに 僕は爪先で立って思い切り手を伸ばした

 

ただじっと眺め続けるなんて出来やしない

 

この胸にあふれる君への想いがもどかしい

 

真っ白な入道雲がもくもくと近づいてどこかでセミたちが一斉に鳴いた

 

太陽が一瞬ひるんだ気がした

 

複雑に見えるこの世界は単純な感情で動いている

 

最初に秘密をもったのはいつだろう 大人はみんな嘘が多すぎて忘れてる

 

通り抜ける風は僕に語りかける もう少ししたら夕立が降る

 

世界には愛しかない 信じるのはそれだけだ

 

今すぐ僕は君を探しに行こう

 

誰に反対されても 僕には変えられない

 

それが僕のアイデンティティ

 

空はまだ明るいのに突然雨が降ってきた

 

僕はずぶ濡れなりながら街を走った

 

夕立も予測できない未来も嫌いじゃない

 

最後に大人に逆らったののはいつだろう 諦めること強要されたあの日だったか

 

アスファルトの上で雨が口応えしてる 傘が無くたって走りたい日もある

 

時代には愛しかない 空はやがて晴れるんだ

 

悲しみなんてその時の空模様

 

涙には色があった僕らはずっとやさしくなる

 

それが僕のリアリティ

 

君に会った瞬間 何か取り戻したように僕らの上空に虹がかかった

 

世界には愛しかない 信じるのはそれだけだ

 

今すぐ僕は君を探しに行こう

 

誰に反対されても風向きは変えられない

 

それが僕のアイデンティティ

 

全力で走ったせいで息がまだ弾んでた 自分の気持ちに正直になるって清々しい

 

僕は信じてる 世界には愛しかないんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

欅坂46「サイレントマジョリティー」-すべてのアイドルファンよ、武器を取れ、理想を語れ、蜂起せよ-

欅坂46サイレントマジョリティー」が誕生した。

静謐なピアノソロから始まるその曲は、「名曲」とか「神曲」とかそんな言葉を通り越してしまう。

2016年に輝くアイドル界のアンセムだ。

すべてのアイドルファンに夢を与えるアンセムだ。

 

いま、時代は混迷を極めている。

混迷という言葉が当てはまらないほどの時代だ。

世界ではテロ、極右主義の台頭、未曾有の混乱の時代が来ている。

そこに騎士団としての欅坂46が救済に現れたのだ。

 

我々、アイドルファンにできることは、なにか。

 

 

理想を語ることだ。

 

 

「君は君らしく生きていく自由があるんだ」

「大人たちに支配されるな」

「one of themに成り下がるな」

どこかで聞いたような言葉だって?

そんな戯言は聞かなくていい。

我々、アイドルファンはこの歌を語り継いでいけばいい。

 

乃木坂46のテーマは「希望」であるが、欅坂46は「レジスタンス」だ。

乃木坂46でも救えないほどの荒涼として景色がそこまできている。

 

欅坂46の「サイレントマジョリティー」をアンセムに我々は立ち向かっていくのだ。

 

もう一度言おう。

 

 

すべてのアイドルファンよ、武器を取れ、理想を語れ、蜂起せよ

 

 

戦いは、まだ始まったばかりだ。