IDOLISSUES

グラビア復権の時代に、 アイドルを語れ、語りつくせ

欅坂46「サイレントマジョリティー」-すべてのアイドルファンよ、武器を取れ、理想を語れ、蜂起せよ-

欅坂46サイレントマジョリティー」が誕生した。

静謐なピアノソロから始まるその曲は、「名曲」とか「神曲」とかそんな言葉を通り越してしまう。

2016年に輝くアイドル界のアンセムだ。

すべてのアイドルファンに夢を与えるアンセムだ。

 

いま、時代は混迷を極めている。

混迷という言葉が当てはまらないほどの時代だ。

世界ではテロ、極右主義の台頭、未曾有の混乱の時代が来ている。

そこに騎士団としての欅坂46が救済に現れたのだ。

 

我々、アイドルファンにできることは、なにか。

 

 

理想を語ることだ。

 

 

「君は君らしく生きていく自由があるんだ」

「大人たちに支配されるな」

「one of themに成り下がるな」

どこかで聞いたような言葉だって?

そんな戯言は聞かなくていい。

我々、アイドルファンはこの歌を語り継いでいけばいい。

 

乃木坂46のテーマは「希望」であるが、欅坂46は「レジスタンス」だ。

乃木坂46でも救えないほどの荒涼として景色がそこまできている。

 

欅坂46の「サイレントマジョリティー」をアンセムに我々は立ち向かっていくのだ。

 

もう一度言おう。

 

 

すべてのアイドルファンよ、武器を取れ、理想を語れ、蜂起せよ

 

 

戦いは、まだ始まったばかりだ。