IDOLISSUES

グラビア復権の時代に、 アイドルを語れ、語りつくせ

欅坂46「世界には愛しかない」 この夏、世界には愛しかない

欅坂46の2ndシングルが遂に解禁された。

デビュー曲「サイレントマジョリティー」で世界を変えてしまった欅坂46

高すぎる壁を超えてくれた。

 

「世界には愛しかない」-爽やかなカッティングギターと静謐なピアノで構成されイノセントな夏の空気を感じさせるサウンド。

 

そしてなんといってもポエトリーリーディングだ。

 

欅坂46の新曲はポエトリーリーディングが使われる-そう聞いたとき不安になった。

ポエトリーリーディングと言うと日本語ロックの大家、佐野元春が思い浮かぶ。

ロックの破壊衝動に知性を感じさせる佐野の語り。

 

欅坂はそれができるのか。

一体、欅坂46に何が起きているか。秋元康は何を考えているのか。

 

不安は杞憂だった。

 

 

大人への反抗、レジスタンスを爽やかに高らかに歌い上げる名曲が完成した。

欅坂46のテロリストのような破壊衝動だけでない、「愛で世界を変えるレジスタンス」が詰まっている。

 

欅坂46の行末に不安はない。

 

きっとこの夏、世界には愛しかない。