読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IDOLISSUES

アイドルを語れ、語りつくせ

グラビアアイドルを見る2つのポイント

私は、2005年からもう12年アイドルヲタクをやっています。

そのなかでも、グラビアアイドル(以後、グラドル)が好きです。

AKB48乃木坂46のようなグループアイドルよりもグラドルが好きです。

 

2005年にミスマガジン読者特別賞を受賞した、山崎真実のファンになって以来、私の青春はグラドルに支えられてきました。

グラビアのチェックが日課となり、10代男子の定番のジャンプ、マガジンは素通りし(1回も買ったことないです)、コンビニ行けば、月曜日は週刊プレイボーイヤングマガジン、木曜日はヤングジャンプヤングサンデー(あったんだよ、昔は)、その他、Sabra(休刊が惜しまれた)、スピリッツをチェック。

家に帰りアメブロにレビューをまとめる、その繰り返しでした。

当時、音楽雑誌「rock’n on JAPAN」に感化され、文章書きたい欲求と闘っていたので「グラドル雑誌作りたい!」となっていました。今の「BRODY」みたいな感じ。

 

年間300人くらいグラドルを見て、わかったこと。それが今回のブログのテーマです。

グラドルには見るポイントがある、ということです。

Hな見方をするだけじゃない、という話です。

見るポイントは2点。

「経年変化」と「間」です。

 

経年変化

まず1点目、経年変化。

これはグラドルが成長していく過程を見ること。

新人グラドルは表情も硬いし、ポーズもなんだかぎこちない。

それが3年も経つと、アンニュイ(私は昔、これをメロウと呼んでいた・・・)な表情が出来るようになる。

 

間を捉える

間、それはかなり難しいテーマ。

ビートたけしも「間抜けの構造」でテーマにしていました。

グラドルにおける間、それは写真1枚で見る人の心を掴むこと。

「なんか、印象に残らないよなー」というグラドルはこの間を捉えられていないことが多い。

 

グラドルについて、もっと知りたいという人は織田祐二著

www.amazon.co.jp

を読みましょう。まだモグラブームが来る前の刊行で、黒船リア・ディゾンAKB48を仮想敵としていた内容です。

是非。